読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福田政権でバウチャー制度は当分なくなった

前政権が検討していた「教育バウチャー制度」をあっさりと「いらないと思う」と切り捨てるような文部科学大臣には早く退場願いたい。

もちろんバウチャー制度に対する賛否はそれぞれの意見があると思う。

問題は、この新大臣が「教育に競争はなじまない」という22歳の新任教員レベルの見識で、あっさりとそれを語ることである。

福田内閣は[改革一休み」内閣である。

それに意義がないとは言わない。

だが、一休みを通り越して、カビの生えた論理を振り回すゾンビ(それは教育に限らない)がこの政権の下で続々と蘇るだろう。


ここ1ヶ月の政変で、

麻生太郎氏の政治生命が残ったことだけが唯一の「救い」である。