読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内藤朝雄氏が新書を出すそうです。

 本ブログを読んでくださっている数少ない方々にご報告です。

『いじめの構造』(新潮新書)で紹介した、現在日本で最も先進的ないじめ研究者である
内藤朝雄氏(明治大学准教授)が、このたび新書を出すことになりました(どこから、出るのかまだ聞いていません…)。

「内藤理論」を、誰でもよめる平易さで書き示し、何十年も読み継がれる耐用年数の長い新書にするという目的で書いた本だそうです。

タイトルは、

『いじめの構造--なぜ人間は怪物になるのか』

です。


 私の本のタイトルにサブタイトルをつけた題になっていますが、
 タイトルを推敲したあげくやっぱりこれしかないとなったことは容易に推測できます。


 手に入れ次第感想も書きたいと思います。