読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菅直人はなぜ最低最悪なのか

菅直人が日本史上最低最悪の総理であることは、多くの人が感情的に理解してくれると思います。
もちろん、私もそう感じている一人なのですが、何が「最低最悪」なのか、どうも自分でも整理できないでいたので分析してみました。


彼が政治家としてまったく無能であることは、安倍元総理が「まぬけ」と揶揄した時から判っていました。しかし、田中角栄竹下登全盛期の自民党政権では「無能であること」は、総理の欠かせない資質でした。
また、今回の粘り腰で見せた権謀術数は、それに翻弄された前任の鳩山総理よりは多少なりとも有能であることを示しています。


彼が何の信念も有しないことも、国民の多くが承知しています。
しかし、これまた直近に聞いた人の意見に従うと言われた前任の鳩山総理よりは、頑固なだけ信念ぽいものくらいあるようにも見えます。



そばで支える人達が次々と愛想をつかすという点で、彼の人柄に相当難があると推定できます。
しかし、その点にかけては小沢一郎を上回る人はいないでしょう。人柄の愚劣さで、菅氏は小沢氏の後塵をはいする気がします。



イラ菅と呼ばれるように、周りを怒鳴り散らす態度の悪さも漏れ伝えられますが、これについては人を恫喝するプロ集団である部落解放同盟の元副委員長=松本龍には適わないでしょう。


福島原発の対応を見ていれば、場当たり的で、自分の保身にしか興味がなく、そのくせ人気取りにだけは熱心という彼の器の小ささも垣間見られます。
しかし、器の小さな総理がいなかったかと言われると、自民党時代にも多少はいたような気がします。


ここまで書いて菅直人という人が
「無能さ」「信念の無さ」「人格の愚劣さ」「態度の悪さ」「器の小ささ」という点で、
すべてを併せ持つ総合力・ワーストワンの政治家であることが理解できました。


それでも、何かが足りない気がします。


それは、歴代総理で彼だけが純粋に左翼出身ということです。
左翼特有の「他者の権力へ憎悪」と「自分が握った権力への執着」
これこそが、菅直人が最低最悪の総理であることの核心ではないでしょうか。


自民党時代の総理は、どんな無能に見える人でも、他人が権力の座にある時には一定の敬意を払いましたし、それゆえに自分が形式上の最高権力者になった時には、その地位の重さを知り、引き際をわきまえていました。
しかし、管直人は野党時代には左翼特有の激しい口調で最高権力者を罵しった癖に、自分が最高権力者となるや、大好きな国=北朝鮮の首領様のごとく、その地位にしがみついています。



管直人という政治家が最低最悪の政治家であることを、決して彼個人の問題に帰してはいけません。
次の選挙で「左翼暦のある政治家」をすべからく落選させること。何があっても彼らに投票しないこと。これこそが、日本人が肝に銘じておくべきことでしょう。