読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正直者の左翼に幸あれ

普段は無視するブロゴスの書き込みですが、教員逮捕による一罰百戒を望んだ昨日の記事に対して、極めて正直な左翼(新左翼?)的な本音を書き込んでくださった方がいたので紹介します。


ネットネーム「松原夢望」という方です。コメント全文は以下のとおり



「そうやって教育の自由を教職員から奪い、
思想の自由を奪った上で軍国主義を再び強制して、
再度アジア侵略とアジアの人民への奴隷化を目指すのが、
自民党ハシズムとその手下のネトウヨ
たとえイジメで子供が何百人自殺しても、
教育の自由のもたらす平和人権思想のおかげで侵略戦争を避けれるなら、
絶対に教職員組合に薄汚い警察が関与してはいけない。
自殺した生徒がかわいそうとかいう些細な理由で、
教育の自由と教職員の自由を奪うことは世界に対する反逆なのをわからないか?
そんなことわからずに「教育評論家」を名乗るな!」



いやいや、こういう正直な左翼の方がまだいらっしゃったとは。



ソ連が崩壊して日本共産党名誉議長が日本人のシベリア抑留延長を希望していたことが判明して以来、新左翼の代表的存在であるべ平連の故小田実ソ連からお金をもらっていたことが判明して以来、旧社会党系の人達がウソだデマだといっていた北朝鮮の日本人拉致が本当だと判明して以来、左翼の人たちはまったく本音を語らなくなりました。

常に弱者をたてにして綺麗ごとを言い立て、日本をダメにするように世論誘導をしてきました。


例えば今回の事件は教員に評価制度を導入したからだと主張する尾木直樹先生のように。
例えば今回の事件は偏差値教育の結果だと主張する内田樹先生のように。



でもまだいらっしゃったのですね。こういう正直者が左翼にも。彼がどのセクトに所属しているかは存じませんが、彼の主張は新左翼的には極々普通の主張だと思います。
ちなみに彼が支持したブロゴスの記事は、
「目標の『原発ゼロ』は譲れない」 菅直人
「思慮深さを欠く野田総理の『再稼動表明』」 保坂展人
「政府の秘密取扱者適格性確認制度について」 福島瑞穂
北朝鮮『ミサイル』騒ぎは常軌を逸している」 志村建世氏
イラン・イスラム共和国訪問にあたって」 鳩山由紀夫
「死刑を執行した小川法相に強く抗議します」 秋原葉月氏
などです。


メジャーなメディアに登場する左翼の方々がみんな松原さんのように正直に本音を語り、堂々と議論してくだされば、日本の世論は、もっとハイスピードで正常化に向かうと信じています。

※ 私は彼が自分のブログに書き込んだら、すぐに消すかもしれませんけど。
 いや、さらすために一部は残しておくかな?