読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共産党人脈に本気で期待する

大津のいじめ犯罪事件で、被害児童のご遺族が第三者委員会のメンバーに教育評論家の尾木直樹氏を推薦したと聞いて、本気で驚きました。


「大丈夫ですか?あの方は、今回はさすがに『これは犯罪です、許せない』と叫んでいますが、いつもは加害者も含めて『子どもは悪くない』と言ってる人ですよ」

と、連絡を取りたくなりましたが、

もう一人の和歌山大の松浦善満教授という方の過去の論文を調べて合点がいきました。


これは共産党系人脈です。


尾木直樹氏は元日教組の闘士であったことまでは、ご本人も認めていますが、日教組(民主・社民系)と全教(共産党系)に分裂する前の闘士であり、その主張や人脈は完全に共産党系の人です。

松浦善満教授も、論文テーマや論文内容から同様に共産党系の方と推測できます。

ご遺族が教育部門に素人だとしたら尾木氏はともかく松浦氏の名前が出てくるとは思えません。

おそらくは、ご自身か、依頼している弁護士か、この件で頼りにしている人が日本共産党と懇意(又は党員)な人なのでしょう。


だとすれば、私はこの人選は「ベスト」に近いものと思います。
今回のように、警察、学校、地域社会総ぐるみでの「隠蔽」に対して、徹底的に真相解明に向けて動くのは、悲しいかな、このベタベタ日本社会では、原理主義者的な共産党系の人達しかいないのです。特に田舎はそうです。


※ 今回の記事は皮肉ではありません。田舎の村役場で共産党系の議員が一人当選しただけで「海外視察旅行」が無くなったという例もある位に、「融通がきかない」のが共産党系の人であり、今回の事件では、その体質が吉と出る可能性が高いはずです。



保守系では警察に、民主・社民系では教職員組合や学校、教育委員会への遠慮が出て「落としどころ」を探ってしまう危険性が高いのです。もちろん、被害者が通学していた学校が共産党系組合が多ければ同じことが起きる可能性はありますが、今回そのような情報を私は持っておりません。



※ 私が推薦するならば、誰を敵に回すことも恐れない内藤朝雄氏ですけどね。

さて、市長はこの「隠蔽」側に厳しい推薦案にどう出るでしょう。