読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森達也監督発言の意味を考える

映画監督の森達也氏が、「憲法はこのままでいい」と考えているのに「自民党に票を入れよう」とする若者は投票に行かなくて良いと発言して問題になっています。

 かれは、自民党が結党以来改憲を目標にするという程度の事も知らない人間が投票に行くことで、自分の信じる正しい結果が歪むのを恐れたのでしょう。ですが、普通選挙は100の知識を持つ者も1の知識しか持たぬ者も同じく1票を与える事で成り立ちます。それゆえ、彼の発言は、普通選挙に基づく議会制民主主義を否定するものです。

 もちろん、共産主義は原理的に議会制民主主義とは相いれないので、左翼が議会制民主主義を否定したからといって驚くには値しません。しかし、本日現在、投票先を決めかねている人のために、彼の主張がどれほど傲慢で非民主的かを考えるために、異なる立場で相似の主張を考えてみました。

1 共産党に投票しようとする人に向けて
「独裁政治はいけない」と考えているのに「共産党に票を入れよう」とする若者(あるいは老人)は投票に行かなくて良い。
 政治学をかじった事のある人なら共産主義プロレタリア独裁を志向するイデオロギーである事は先刻ご承知でしょう。でも、実際にはそんなことも知らずに「福祉を充実してくれそう」というイメージだけで共産党に投票する人はいます。

2 社民党に投票しようとする人に向けて
拉致被害者を取り返したい」と考えているのに「社民党に票を入れよう」とする若者(あるいは老人)は投票に行かなくて良い。
 社民党は、小泉訪朝により北朝鮮が拉致を実行したと白状するまで、拉致問題は政府の陰謀という態度を取り、朝鮮労働党と友党の関係にあるにも関わらず、拉致問題解明に一切協力しなかったのは周知の事実です。でも、そんな事も知らずに「護憲政党だから平和を守ってくれるだろう」というイメージだけで社民党に投票する人はいるはずです。

3 民進党に投票しようとする人に向けて
「政府の赤字を立て直すべきだ」と考えているのに「民進党に票を入れよう」とする若者(あるいは老人)は投票に行かなくて良い。
 民進党の前身である民主党政権の悪行を数え上げればキリがありませんが、分かりやすいのはこれです。
●新規国債発行額推移
自民党政権
2007  27.5兆円  安倍政権
2008  25.4兆円  福田政権
2009  33.2兆円  麻生政権
民主党政権
2010  44.3兆円  鳩山政権
2011  44.3兆円  菅政権
2012  44.6兆円  野田
この経過を見れば民主党のバラマキ体質は一目瞭然です。

4 生活の党に入れようとする人に向けて
竹島を韓国にあげようと思っていない」のに「生活の党に票を入れよう」と思っている若者(あるいは老人)は投票に行かなくて良い。
竹島を韓国にあげよう」というのは山本太郎氏のテレビ番組における発言です。


もちろん、これらは私の本心ではありません。投票はワンイシューで決めるものではないからです。どれだけ多くの政治課題について、どれだけ深く考えて投票するかは、それこそ有権者次第です。どの政党にもダメな部分はあるし、それなりに良い部分はあるのでしょう。それらを総合的に判断して自らの代表を選ぶ。その態度なくして議会制民主主義は機能しません。
自分が思う正しい結論しか認めず、それ以外の行動を取ろうとする者に「政治的活動をするな」と主張する独裁者の手先に負けないためにも、どの政党を支持する方も是非、投票所に足を運んでください。