読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都道府県いじめ隠蔽ランキング

 いじめの統計がデタラメであることは、これまで何度か指摘してきたところです。なにせ、学校が「わが校では今年度いじめが〇件ありました」という報告を集計しているだけなのですから。

 
 しかし、この統計にまったく意味がない訳ではありません。その都道府県の学校がどれほどウソつきかを見る指標にはなりそうです。


 もちろん、本当にいじめがない場合もあるでしょう。だから、報告件数が少ないからウソつきというのは早計です。


 そこで、私は不登校件数を分母にし、いじめ件数を分子に取ることで、その都道府県の隠蔽体質を計測できるのではないかと考えました。


 不登校は、いじめと異なり定義が明確な上に学校は日々出欠をとっているので隠蔽するのが困難です。
 また、不登校の原因がすべていじめという訳ではありませんが、学校が荒れていれば不登校もいじめも増加するし、逆ならば減少します。


 ですからウソの報告をあげにくい不登校を分母にして、ウソの報告し放題のいじめを分子に取れば、いじめ隠蔽体質が数値化されるという訳です。

 不名誉ないじめ隠蔽ランキング1位の都道府県はどこか?

 それは、近々発売する拙書『校内犯罪(いじめ)からわが子を守る法』(育鵬社)でご確認ください。

 本日からアマゾンで予約可能です。